睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に無呼吸の状態が頻繁に起こることを指します。体内が酸素不足となり、循環機能に支障が出て、不整脈や心不全などを引き起こす危険があります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時の障害のことで、SASと呼ばれています。
日中に眠気に襲われたり、集中力や活力に欠けたりすることはありませんか?
こういった症状がある場合には、睡眠時に無呼吸の状態になる睡眠時無呼吸症候群の可能性があり、しっかりと睡眠がとれていないことが考えられます。
無呼吸症候群というのは、睡眠中に10秒以上の無呼吸の状態が30回以上起こったり、睡眠一時間あたりに無呼吸や低呼吸が5回以上起こることを指します。とはいえ、睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に起こることなので、本人は気付かないでいることが多いでしょう。でも、気付かずに放置していると症状が悪化することもあり、時には一晩の間に数百回呼吸が止まることもあるようです。
睡眠時無呼吸症候群になると、知らず知らずのうちに体内が酸素不足の状態になり、体に負荷がかかってしまいます。
睡眠時無呼吸症候群で体が酸素不足になると、循環機能に支障が出て、不整脈や心不全などの大きな病気を起こすことがあるでしょう。時には、生命に危険を及ぼす重大な病気を引き起こすことがあるとも言われているんですよ。
いびきの後に呼吸が止まるような時や大きないびきをかく時、睡眠中に寝苦しかったり、息苦しいなどの症状がある場合、さらに日中に居眠りがちになったり、集中力に欠けるなどの症状がある時には、病院で睡眠時無呼吸症候群の検査を受けると良いでしょう。