寝ている時間がもったいないっ!!

寝ている時間がもったいないっ!!

人間は食事と睡眠は必ず必要となっています。でも、「寝ている時間があるならアレに時間を割きたい」等、一度は思った経験があるでしょう。そんな睡眠時間の短縮について対策を紹介しています。

誰でも一度くらいは、睡眠時間を減らすことが出来ないかと考えたことがあると思います。
でも、睡眠時間を減らすと、頭がぼーっとしてしまったり、体の疲れが残ってしまったり、日中に耐え切れない眠気に襲われてしまうものです。

さらに、睡眠時間を減らすことによって、思考力が低下してしまったり、ストレスに上手く対処出来なくなってしまったり、食欲が増すことで肥満になってしまったり、血糖値や血圧、中性脂肪値が上昇するなどの症状が現れてしまうこともあると言われています。

しかし、上手に睡眠時間を減らすことができると、仕事を早く終わらせることができたり、趣味や遊びの時間を取ることができたり、家族の時間を増やすことができたりと、行動力が上がることで毎日が充実し、人生を今まで以上に楽しむことが可能になります。
睡眠時間は、長ければ良いというものではなく、睡眠の質が大切になってきます。

そのため、質のよい睡眠であれば、睡眠時間が短くても問題がないのです。
睡眠は、基本的にノンレム睡眠とレム睡眠に分けられており、レム睡眠は眠りが浅いのに対して、ノンレム睡眠は熟睡している状態です。
熟睡しているノンレム睡眠で脳や身体を休息することができるため、眠りの浅いレム睡眠に時間を取られないようにすると、しっかり睡眠を取りつつ睡眠時間を減らすことが出来るでしょう。

睡眠時間を減らすためには、継続させる強い意志と、慣れるまでに長い期間が必要になりますが、睡眠時間を減らすこと自体は可能だと言えます。