昼の休憩には、昼寝が良い理由

昼の休憩には、昼寝が良い理由

ご飯を食べた後って学生も社会人も皆さん、眠くなりますよね?眠い中勉強や仕事をしてもまったくはかどりませんよね?そんな時の対策・改善策を紹介しています。

よく授業中や仕事中に強烈な眠気に襲われる時ってありますよね?

意味不明な文字を書いて気を紛らわしてみたり、ガムを噛んで脳を活性化させてみたり。
でも、そんな事を毎日繰り返しているようでしたら、集中力も無くなり、勉強や仕事の効率が著しく低下してしまいます。

私達の脳が一番活発に働く時間帯は、午前中です。
そして、お昼頃をピークとして、夜にかけて徐々に脳の機能は低下していきます。
強烈な眠気に襲われる時間帯が午後以降が多いと言う理由は、案外、この為かもしれませんね。

この脳の機能低下を防ぐ為には、お昼に一度昼寝をはさんであげる方法が良いようです。
お昼に20分〜30分ぐらいの睡眠を取る事で、脳の機能も回復し、再び活発に活動を始めます。
一番いいのは、昼食を取り終えてからお昼休みが終わる時間まで、自分の机で昼寝をする事です。
例え眠れなくとも、目を閉じているだけで脳は休んでいる状態になります。

けれど、ここで問題となってくるのが20分〜30分で本当に目を覚ます事が出来るのか?と言う事ですね。

学校や会社では昼休みが終われば自ずと目も覚めるでしょうが、一人で仕事をしている場合や主婦の場合には、そのまま目が覚めずに1時間以上も寝てしまう事もあるでしょう。

そのような場合には、寝る前に濃い目のコーヒーを1杯飲んで寝るようにしたり、目覚ましをきちんとセットしたりしてから寝る事をお勧めします。

短い時間の昼寝を生活の中に上手に取り入れる事で、あなたの集中力もアップしますよ。