お薬を飲んで不眠症を解消することだけが正解なのか?

お薬を飲んで不眠症を解消することだけが正解なのか?

体調が悪い時に病院に行きますよね?不眠症でももちろん病院に行って診察してもらうことでしょう。ここではそんな治療について説明しています。

眠りたくても眠れない、慢性的な倦怠感が続き、自分が『不眠症』だと自覚して、専門医の元を尋ねたあなた。
勇気ある決断ですね。
これでやっと、心地よい眠りが手に入ると、ホッと一息ついたところでしょう。

だけど、ちょっと待って下さいね。

そこで処方されるお薬は、精神安定剤や睡眠導入剤だと思われますが、薬には全てに副作用があると言う事を覚えておいて下さい。
専門医により処方されたお薬が、あなたに必ず効くとは限りません。

薬を飲む事により、かえってだるさが残ったり、睡眠後の眠気やふらつきがある場合もあります。
場合によっては、「睡眠薬を飲んでも眠れない」と余計に精神的に自分を追い込むきっかけにさえなるかもしれないのです。
眠れない原因は、千差万別、人それぞれ違います。

何か仕事や家庭で、どうしても我慢できない事はありませんか?親しい人が亡くなったりして、悲しい想いを引きずってはいませんか?もし、強いストレスのせいでぐっすり眠れないのであれば、いくら薬を飲んだからと言って、その根本的な原因が解消されないと、不眠症の改善も難しいでしょう。

まずは、あなたの不眠の原因を探ってみましょう。
そして、その原因が見えてきたら、今度はその原因と真剣に向き合って下さい。

その上で、専門医と十分に相談し、納得してから、治療や環境の整備を整えることが大切です。
くれぐれも、病院に行ったからと言って、すぐに不眠症が治ると安易に考えないで下さいね。